有機物リサイクルシステムで持続可能な社会を
正和電工株式会社
自然の力で分解できない大量の糞尿は土壌汚染、そして環境破壊へとつながります。正和電工のバイオトイレシリーズはこうした問題の解決に取り組みます。 バイオトイレBio-Luxイメージ バイオトイレBio-Lux国土交通省認定・新技術NETIS No.HK040017-A
   
正和電工について バイオトイレについて バイオトイレ製品情報 その他バイオ製品情報 製品価格表 よくあるご質問Q&A 資料請求・お問い合わせ
 >>駆除シカの分解処理装置
バイオ製品情報
その他のバイオ製品
駆除シカ分解装置
骨専用破砕機
業務用生ゴミ処理機
家畜用バイオトイレ
ペット用バイオトイレ

正和電工株式会社
〒078-8271
北海道旭川市工業団地
1条1丁目3番2号
TEL:0166-39-7611
FAX:0166-39-7612
正和電工の駆除シカ分解処理装置が、農林水産省のサイトに掲載
「鳥獣被害対策に活用出来る機器情報」
詳しくは減容化・焼却施設等情報をご覧ください。

シカ頭数西高東低
道調査石狩・空知で増加傾向

エゾシカの推定生息数が北海道東部で減少し、石狩や空知などの西部で増加する傾向が顕著になっていることが、道の調査で分かった。専門家は「エゾシカが東から西に移動し、西部の頭数を押し上げている可能性がある」とみている。(北海道新聞2013年5月12日)
[記事全文]

エゾシカ死骸 分解確認
正和電工と酪農学園大 有機処理機で実験

エゾシカの死骸を分解処理する実証実験に取り組む酪農学園大とバイオトイレ製造販売の正和電工は24日、バイオトイレの仕組みを応用した有機廃棄物処理機で死骸がほぼ分解されることを確認した。酪農学園大は本格的な実験に備えてデータ分析などを進め、正和電工は動物の処理に特化した新たな機械の開発を急ぐ。(北海道新聞2013年4月25日)
[記事全文]

バイオトイレの仕組み応用 
エゾシカの死骸分解正和電工など実証実験に着手

バイオトイレ製造販売の正和電工と酪農学園大は2B日、おがくずに含まれる微生物でし尿を分解するバイオトイレの仕組みを応用し、エゾシカの死骸を分解処理する実証実験を始めた。将来は分解後のおがくずを森林に戻すことで、循環型の処理方法の確立を目指す。 同社はバイオトイレを応用した有機廃棄物の処理機も製造販売。岩手県の養鶏場が廃鶏の処理用に導入した事例があるという。(北海道新聞2013年3月24日)
[記事全文]

シカ等分解処理装置 実証試験実施報告書PDF

駆除シカの分解処理装置「CK-600型」仕様書

駆除シカの分解処理装置 CK-330型

駆除シカの分解処理装置 CK-600型

完成した「移動可能な駆除シカの分解処理装置」の試作1号機型番CK-600型と命名。
本装置の制御盤(外観)
本装置の制御盤(内部)
駆除シカを投入している酪農学園大学の学生(左)。投入された駆除シカ2頭、その内1頭はハラ腸を取り出している。(右)。(酪農学園大学より分解処理実験の為に提供された駆除シカ死体)
投入直後、スクリュー回転させ、
オガクズ中に入る駆除シカ
試作機1号の上部投入口(CK-600型)
強化された撹拌スクリューと
厚みの増したステンレス処理槽
オガクズの取り出し口は前面に4か所
取り出し口からオガクズを取り出し、
残差物の骨を探している作業風景
分解処理された後のオガクズから
出てきた駆除シカの骨姿。
オガクズの中で分解処理された
駆除シカの頭蓋骨と太い骨